チャーチオブクライスト ニュージーランド日本 | 大阪教会

TEL
06-6387-8178

世界情勢と聖書

戦争の原因を探る

 

 メルケル前ドイツ首相のことを著したある伝記※に、次のようにありました。

「ロシアは、かつて支配下にあった国が続々とNATOやEUに加入していることに神経を尖らせていた。そこで、メルケルはウクライナとジョージア共和国をNATOに加えるというブッシュの計画に反対し、話し合いの結果メルケルの意見が通った。」

ウクライナは、今戦闘が起こっているヨーロッパの国で、ジョージアは、ロシアの南にある国です。この一文は、現在ウクライナで起こっている戦争に至った要因の一つを表していると言えるかもしれません。

 しかし聖書は、戦争について次のように言っています。『あなたがたの間の戦いや争いは、どこから出て来るのでしょうか。ここから、すなわち、あなたがたのからだの中で戦う欲望から出て来るのではありませんか。』人の心の中の欲望を聖書は罪と呼びます。その罪の結果が今ウクライナで起こっている凄まじい殺戮です。イエス・キリストは、『…祭壇の上にささげ物を献げようとしているときに、兄弟が自分を恨んでいることを思い出したなら、…まずあなたの兄弟と仲直りをしなさい。…』と言われました。私たちも戦っている両者が和解することを、神様に祈り求めましょう。

※カティ・マートン著「メルケル 世界一の宰相」