チャーチオブクライスト ニュージーランド日本 | 大阪教会

TEL
06-6387-8178

バイブル・メッセージ

今あなたに永遠に生きる希望があります

 

『人は死ぬと、また生きるでしょうか。』と、聖書は永遠の課題である生と死について問いかけています。死は、誰も絶対に避けられないもので、築いてきた全てを一瞬にして奪い去ってしまう残酷なものです。
 クリスチャン作家の三浦綾子さんは「生きている人間が死を恐れるのは、死ぬ瞬間が苦しいと思ったり、この世に自分という人間が存在しなくなる事実におびえたり、死後自分はどこへ行くのかと不安になったりするからにちがいない。」と小説“石の森”に書いておられます。
 あなたは、ご自分が死後どこへ行くのか不安になられたことはありませんか。全てのものの創造主なる神は『罪の報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。』また『わたしは、だれが死ぬのも喜ばない─だから立ち返って、生きよ。』と聖書の中で言われます。
 愛の神は、神から離れて罪に苦しむ人の罪を赦すため、人が受けるべき罪の刑罰をご自分のひとり子イエス・キリストに負わせ十字架で死なせられました。しかし神は、キリストを救い主と信じる者に永遠のいのちを与えるために、彼を死後三日目に墓から復活させられたのです。
 キリストの誕生を祝うのがクリスマスで、このキリストの復活を祝うのがイースター(復活祭)です。もしあなたが罪に背を向け、イエス・キリストを救い主と信じ、心に迎えられるなら、『わたしを信じる者は死んでも生きるのです。』というキリストのことばがあなたに成就します。肉体の死のドアの向こうには永遠のいのちがあるのです。このことは、死んだような小さな種が地中に埋められると、やがて美しい花々を咲かせるのと同様に神様の摂理なのです。今、死の恐怖から解放され、喜びと勝利の人生があなたのものとなりますように。